インビザラインのメリット

マウスピース矯正の一つにインビザラインがあります。近年、マウスピース矯正のなかでは普及率の高い治療法として、世界中に導入されています。しかしまだまだ普通のブラケット矯正などと比べると、一般的には知られていない治療法であり、インビザラインの研究は現在も進んでいます。インビザラインには多くのメリットがあります。デメリットと共にご説明いたします。

インビザラインのメリット

見えにくいため目立たない

インビザラインは薄くて透明なマウスピースによる矯正治療なので、従来の金属ワイヤーを歯の表面に装着する矯正方法とは違い、人に見えにくいため、ほとんど周囲に気づかれることなく歯並びの矯正をおこなうことができます。

痛みが少ない

矯正治療は、歯に対して力を加えて歯を動かしていくため、金属ワイヤーを装着する矯正治療は痛むことがあります。しかし、インビザラインはマウスピースを歯に装着してから10日~2週間ほどで次のステップのマウスピースに取り替えながら歯を移動させるため、歯に過度の負担がかかりにくいので、痛みが少なくなります。

部分矯正にも対応

インビザラインは歯全体の矯正だけではなく、前歯や八重歯などの部分的な矯正など、さまざまな歯並びに対応できる柔軟性があります。また軽度の症状の場合、矯正期間も短くてすみます。

幅広い症状にも対応

インビザラインは現在でも研究が進められているため、技術は日々進化を続けています。そのため、重度の上顎前突や叢生、治療のために抜歯が必要な場合など幅広い症例にも対応できるようになりました。歯並びの状態によっては、部分的に特殊なゴムやワイヤーを併用しての治療となります。さらに、治療前に3Dシミュレーションをおこなうことで、正確な治療計画も立てることができるため、今後もさまざまな症例への対応が期待できます。

取り外しが可能

マウスピースを歯に装着する矯正治療なので、ワイヤー矯正や裏側矯正などとは違い、取り外しがとても簡単です。歯磨きや食事のときに取り外して好きな物を食べられるのは大きなメリットの一つです。またマウスピースは流水で汚れを落とし専用の洗浄剤で殺菌もできるため、清潔に使用することができます

ホワイトニングができる

ワイヤー矯正や裏側矯正をしている場合、途中で取り外しができないため、ホワイトニングを併用することはできません。しかし、インビザラインはマウスピースの取り外しが可能なため、治療しながら歯科医院でのオフィスホワイトニングをすることができます。また、薬剤とマウスピースを使ってのホームホワイトニングも可能です。

金属アレルギーの心配がない

金属製のワイヤーやブラケットをとは違い、インビザラインのマウスピースは透明な樹脂素材なので金属アレルギーの方も心配することなく使用できます。また、薄く滑らかな形状をしているので、歯茎までフィットすることで唇や口の中の粘膜を傷つけてしまう心配もありません。

虫歯になりにくい

ワイヤー矯正などの場合どうしても食べたものが装置に引っかかったり、絡みついたりしてしまいます。しかし歯磨きもしにくいため、磨き残しが起こってしまい虫歯になりやすくなってしまいます。しかしインビザラインは、マウスピースを外して歯みがきができるため普段と変わらない歯磨きをすることができます。さらに歯間ブラシやデンタルフロスなどを使ってお手入れすることも可能なため、虫歯や歯周病になりにくいのもメリットだといえます。

インビザラインのデメリット

装着時間を守らないと歯が動かない

インビザラインはマウスピースをご自身で取り外すことができます。しかし、決められた装着時間を守らないと、歯が動いてくれないのです。インビザラインの矯正治療は、最初の段階で治療計画をしっかりおこない、それにもとづいてマウスピースを作成するのですが、外している時間が長かったり、つけたり外したりを繰り返していると計画通りに歯が動かないばかりか、マウスピースが歯にはまらなくなってしまう場合もあります。

治療できないケースがある

患者さんの歯並びや口腔内の状態によっては、インビザライン治療が適さない歯並びもあります。その場合、医院によっては、最初はワイヤー矯正などで歯を移動させて、ある程度歯がそろってきたらインビザラインに切りかえるなどの治療も可能です。

歯科医師の知識や経験、治療計画が重要

インビザラインの矯正治療は、従来の矯正とは異なる特有の知識と技術が必要となります。しかし、知識や経験の浅い歯科医の無理な治療計画によって治療が失敗するケースも出ているようです。インビザラインの効果や治療結果には歯科医師の知識や経験、そして正確な治療計画がとても重要なのです。

インビザラインで失敗しないためにも、大分県の信頼できる歯科医院を選ぶようにしましょう。

症例数も多数!様々な矯正治療プランをご提案【新港イトセ歯科】

おすすめの記事