歯ぎしりは歯列矯正で改善する

歯ぎしりの主な原因

歯並びが悪い

不正咬合(悪い歯並び)の方は、噛み合わせが悪いことも多く、それが原因で歯ぎしりを起こしていることがあります。噛み合わせが悪いと歯の摩擦が大きくなるため、就寝時に歯ぎしりを起こしてしまのです。

虫歯や歯周病が進行する

虫歯や歯周病が進行することで、歯が溶けたり歯茎が下がってしまうため、噛み合わせに悪影響を及ぼしてしまいます。噛み合わせが悪くなることで、歯ぎしりを起こしてしまいます。

不適合な詰め物や被せ物

虫歯の治療で詰め物や被せ物の処置をおこなった際に、噛み合わせの調整がうまくいっておらず、噛み合わせが合っていないことが原因で、歯ぎしりを起こしてしまう場合が考えられます。

心因性のストレス

歯ぎしりは心因性のストレスなどが原因でも起こります。入学や転職、引っ越しなどの環境の変化によるストレスによって、比較的多くの方が歯ぎしりを経験します。歯ぎしりは、このような環境の変化や心への負担によるストレスがきっかけとなって起こることもあるのです。

食いしばりの癖がある

普段から重い荷物を持つなどの仕事をしている方は、食いしばりの傾向があります。食いしばりの癖がある方は、就寝中も筋肉が緊張しがちになるため、歯ぎしりを起こしやすくなります。

飲酒や喫煙

飲酒や喫煙によって睡眠が浅くなり、歯ぎしりが起きている可能性があります。寝つきを良くするために、眠る前に飲酒をする方もいますが、過度の飲酒は睡眠の質を下げてしまうのです。また、タバコに含まれているニコチンには覚醒作用があり、タバコを吸うことで交感神経が優位に働くようになり、眠る時になっても落ち着きません。結果として浅い眠りが続いてしまい、歯ぎしりを起こしやすい睡眠の状態を作ってしまうのです。

歯ぎしりは歯列矯正で改善することがある?

不正咬合や噛み合わせが悪いと、特定の歯だけに強い負荷がかかってしまいます。それによって歯ぎしりを起こしてしまう場合があるため、歯並びや噛み合わせを整えることが大切です。歯列矯正治療は、歯並びや噛み合わせを正しい位置に整える治療法です。一般的なブラケットという装置を歯の表面に装着してワイヤーを通し、引っ張ることで歯を動かしていくブラケット矯正の他にも、透明なマウスピース型の装置を歯に装着し、定期的に動いた歯に合わせて新しいマウスピースに交換していくことで歯を動かしていくマウスピース型矯正が主に治療として用いられます。歯列矯正治療によって、歯ぎしりをしにくい噛み合わせへと矯正することで、歯ぎしりが改善される場合があります。また、噛み合わせが整っていれば、歯ぎしりをしても歯にかかる負担を最小限に抑えることができるようになります。

その他の歯ぎしりの改善方法

マウスピース治療

歯科医院では、主にスプリントというマウスピースを装着する治療によって歯ぎしりを改善させます。マウスピースは歯列矯正でも使用されますが、スプリントは歯ぎしりや食いしばりの改善に使用されるマウスピースです。マウスピースを装着している状態で歯ぎしりをしても、歯や歯茎に直接的な負荷がかからなくなるので歯が削れるのを防ぐことができます。また、顎の関節にかかる力も軽減されるので、顎関節症の予防にも繋がります。さらに、マウスピースを装着することにより噛み合わせの位置が高くなるため、顎周辺や首回りの筋肉の緊張が解消されることで、歯ぎしりが原因で起こっていた肩こりや頭痛を軽減することができます。スプリントは市販でも購入することができますが、大分県のかかりつけの歯科医院で作る場合、ご自身の歯や顎の大きさに合わせて作製するため、噛み合わせなどに影響がありませんし、歯科医院で作製した場合は保険も適用されます。就寝時に装着することによって、歯ぎしりによる負担を減らすことができます。

薬物療法

薬物療法は、歯ぎしりによって歯や顎に強い痛みが生じた時におこなう治療法です。非ステロイド性消炎鎮痛剤などを使用します。また、高血圧の人がよく処方される降圧剤の一部は、歯ぎしりを減らす効果があったり、ストレスなどに効果のある漢方薬などを服用することで、歯ぎしりが軽減されることもあります。

リマインダー法(認知行動療法)

リマインダー法とは、どんな時に歯ぎしりや食いしばりをしているのかをご自身で発見し、意識して止められるようにコントロールする方法です。起きている時に、無意識におこなっている歯ぎしりへの対処法ですが、ご自身の生活習慣を細かく観察し、歯ぎしりのしているタイミングを自覚できるようになります。歯ぎしりのタイミングが自覚できるようなれば、目に見える場所に「歯ぎしりしない」などとメモなどで書いておくことで、歯ぎしりと止めるような習慣を作り、徐々に歯ぎしりの習慣を改善させる方法です。

ボトックスによる治療

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されるタンパク質の一種です。ボトックス治療は、無毒化したボツリヌス菌を緊張している筋肉に入れ、筋肉の動きを弱めることで緊張を和らげる治療法です。ボトックス注射は、美容が目的で利用されることが多いですが、歯ぎしりの治療にも使われています。歯ぎしりによって起こる、筋肉の過緊張を和らげる効果があります。ます。また歯ぎしりによって発達した咬筋を小さくできるので、小顔効果にも期待できます。

ストレスの解消

ストレスがある場合は、リフレッシュする時間を作ったり、休暇を取るなどしてストレス解消を積極的におこなうと良いでしょう。入学や転職など、生活環境が変化した際には、ストレスに注意して過ごしましょう。歯ぎしりをしている原因がストレスかもしれないと自覚することが大切で、普段の生活から注意をしておけば歯ぎしりがストレスのサインとなるため、自己管理の目安になるかもしれません。もしも強いストレスが続き、改善が難しい場合は、心療内科などで一度診てもらうことも視野に入れておきましょう。歯ぎしりとの関係も合わせて診てもらうことで、専門的な見地から改善法を見つけられこともあります。

おすすめの記事