インビザラインの費用は?

インビザライン矯正は同じ大分県の歯科医院でも、虫歯の治療などとは違い自由診療のため、健康保険が適用されません。これにより歯科医院によって費用も様々です。ですので歯科医院を選ぶ際には、大分県の歯科医院によって異なるインビザラインの費用も含め、事前にどの大分県の歯科医院が自分にあっているのかを判断する必要があります。

記載されている費用と期間は一般的な費用と期間になり、歯科医院によってはあてはまらない場合があります。

矯正治療にかかる費用

初診料:2,000~5,000円

初診では、簡単な問診やカウンセリング等を行い、どんな問題があるかを歯医者さんが把握する機会になります。簡単な視診などでざっと問題を洗い出し、必要であれば歯列矯正の前段階になる本格的な検査をこの後に受けることになります。

精密検査料・診断料:1~7万円

この精密検査では、レントゲン撮影をしたり、口腔内の写真撮影などを行います。また、模型をつくるために歯型を取ったり、外科手術やインプラント治療が伴う場合には、MRI撮影を行うケースも。検査内容が違えば、もっと費用がかかったり、安く済む場合もあります。

矯正装置の種類別費用

マウスピース型カスタムメイド矯正装置
(インビザライン)
80万~120万円
リンガルブラケット
(ワイヤーを歯の裏側に取り付ける矯正方法)
120万~150万円

矯正治療の分類別費用

・部分矯正治療 5~25万円
簡単な装置で治る1~2本の部分的な矯正治療です。
本格矯正治療前の準備としておこなうこともあります。

早期矯正治療

30~40万円

乳歯から永久歯に歯が生えかわる時期から始める時期の治療です。現状の悪い歯並びを改善したり、成長の過程で起こる問題や将来的な問題を改善予防します。予防的な意味が大きい治療のため、本格矯正治療で仕上げの治療が必要になることもあります

本格矯正治療

65~80万円

上下の歯並び全体を、きれいに並べていく治療です。
治療開始時期は、永久歯が生えそろった後となり、成人の場合は、他に問題がなければいつでも始められます。治療期間は通常約2~3年前後です。歯並びがきれいになった後は、後戻り防止の装置が必要です。

インビザラインの矯正治療費

■全ての歯の移動に抜歯が必要なケース 800,000円~900,000円

■全ての歯の移動に抜歯が不要なケース 700,000円~800,000円

■モニタリング 3,000円~5,000円

全ての歯の移動が必要なケースでは、マウスピースの枚数が多くなります。マウスピースの枚数は、iTeroデジタルスキャニング検査後にPCのシミュレーション画像にて確認していきます。

歯の移動量が大きいケースでは、マウスピースの枚数が多くなるので、表示金額の2倍以上となる場合があります。また、スキャニングの方法によっても費用は異なります。

従通のシリコン印象材を使用しての歯マウスピース作製は、日本からアメリカの工場に飛行機で送る工程があり、その際、気圧や温度の影響を受けることから、歯型に変形が生じるという問題があります。その点、デジタルスキャニング(iTero スキャン)されて作製された歯型のデータは、そのままの形で変化することなく、インターネットでアメリカまで送ることができるので、精密なマウスピースが作られます。

保険の適用について

保険の適用に関してですが、一般的に美容目的とされる歯列矯正は、健康保険適応外となります。しかし、口蓋裂や口唇裂などの先天異常の治療や、外科的な治療が必要な顎変形症の治療の場合には健康保険が適用されます。保険で矯正治療を行うためには,診療所の設備や歯科衛生士の有無,歯科医師の経歴などの診査があります。

費用をなるべく抑えるには?

部分矯正という、前歯など歯の一部だけの矯正に留める方法をとることで費用を抑えることができます。また、ブラケットを行うのであれば裏側に器具を取り付けるリンガルブラケットよりも表側に器具を取り付けるフルブラケットのほうが安い費用で済みます。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)に関しては、器具の種類や治療に必要な期間などによって費用が安く済ませられる可能性もあります。

支払いのタイミング・支払い方法

総額制

総額制は、トータルフィーと呼ばれる支払い方法です。治療開始から治療完了までにかかる費用を全額事前に支払うので、後から追加で費用を支払う心配はありません。治療が少し長引いても、その分の費用はすべて含まれています。ただし、歯列矯正中に虫歯等の別の治療が発生した場合は、その費用は別途支払わなければいけません。

処置料別払い制

処置料別払い制は、毎回の処置費用をその都度に支払うという治療費の支払い方法です。

そのため、治療が長引くと通院回数が増えてしまい、費用が大幅にかさむ可能性が出てきます。ただし、支払い金額が分割されるような形になるので、1回1回の支払いの負担は少なくなるという利点もあります。また、上限設定のある処置料別払い制も存在します。この場合は、一定額以上は処置費用も払わなくていい制度になっていますので、経済的な負担を心配する必要はなくなるでしょう。処置毎に費用を支払うので、治療が短くなった場合は、トータルフィー制よりも経済負担が減るというメリットもあります。

デンタルローン

デンタルローンで分割支払いができます。一括で費用を支払うことができない人、治療を始める時点で治療費がなくても、迅速に治療を始められるのがいい点です。デンタルローンの中には利子があるものと無利子のものと種類が分かれるので、予め大分県の歯科医院で確認したほうが良いでしょう。

おすすめの記事