肩や頭の痛みは歯並びから

歯がデコボコしていたり、前歯が大きく前方に突出している出っ歯などの不正咬合(悪い歯並び)は、同時に噛み合わせも悪くしている場合もあるのです。悪い噛み合わせは、肩こりや頭痛を引き起こしてしまう原因となる場合もあるため注意が必要です。噛み合わせがなぜ肩こりや頭痛を引き起こすのかをご説明いたします。

噛み合わせが引き起こす肩こりや頭痛の理由

顎や顎周辺の筋肉の過緊張による血行障害

不正咬合によって噛み合わせが悪くなると、食べ物を噛みにくくなってしまうため、噛みやすい側の歯ばかりで噛むようになったり、噛みやすいところを中心にして噛むようになることで、顎の筋肉がアンバランスになってしまいます。そのため、左右の顎の筋肉に差が生じたり、顎の周辺の筋肉が過緊張の状態が続いたりします。また、噛む力が歯全体に均等にかからずに、特定の歯にだけ大きな負荷がかかってしまうことや、就寝中の歯ぎしりや食いしばりによって、顎や顎の周辺の筋肉が過緊張を起こしてしまうのです。咀嚼に関わる筋肉の一つである側頭筋の過緊張状態が続くことで、その周辺の血行が悪くなり、筋緊張性の頭痛を引き起こします。また筋肉の過緊張は、顎周辺から首や肩などの全身へと広がっていきます。それにより肩こりを引き起こしてしまうのです。

頚椎の歪み

成人の頭の重さは、約8キロ〜10キロもあるといわれており、それを頚椎と歯を噛み合わせる顎や、顎周辺の筋肉などによって支えています。そのため、噛み合わせが悪いことで、頭を支える筋肉のバランスが崩れてしまい、頚椎が歪んでしまうことで頭の重心がずれてしまいます。体はバランスを取ろうとするため、体全体が歪んでしまうのです。それによって、肩こりや頭痛が起こるのです。

肩こりや頭痛の改善方法

歯列矯正治療

不正咬合や悪い噛み合わせの治療法として、歯列矯正治療があります。主な治療法として、ブラケットという金属製の装置を歯の表面に装着してワイヤーを通し、力を加えながら引っ張ることで歯を動かしていくブラケット矯正と、透明なマウスピース型の装置を歯に装着して、定期的に動いた歯に合わせた新しいマウスピースと交換していくことで徐々に歯を整えていくマウスピース型矯正があります。不正咬合が原因で起きていた肩こりや頭痛は、矯正治療によって歯並びや噛み合わせを整えることで改善させることができます。

その際、矯正治療中に肩こりが起こることがあります。これは、歯が移動する痛みが関係しており、人は痛みに耐えるために食いしばることがありますが、それが筋肉を緊張させてしまい、肩こりを発生させてしまうのです。この場合の肩こりは、個人差がありますが、ブラケット矯正治療などでは、一時的に強い痛みを伴う可能性もあります。

左右の歯でバランスよく噛む

食べ物を噛む際に、左右均等に噛むことで顎の関節の負担を軽減することができます。片方の歯ばかりで食べ物を噛む癖があると、片方の顎の筋肉や関節に負担をかけてしまいます。そのため、できるだけ左右の歯でバランス良く噛むように意識しましょう。

歯の歯ぎしりや食いしばりを改善する

就寝時に歯ぎしりや食いしばりをすることで、肩こりや頭痛だけでなく、歯の表面のエナメル質が擦り減ってしまい、歯がしみるなどの知覚過敏が発生することもあります。歯ぎしりや食いしばりの癖がある方は、日中から無意識に食いしばる癖があるといわれています。そのため、ご自身で食いしばりの癖がないかどうか意識して確認してみましょう。他にも、普段から重い荷物を運ぶなどの仕事をしている方も、食いしばる癖があることで

肩こりや頭痛を助長している可能性があるため注意が必要です。就寝時の歯ぎしりや食いしばりの対策として、ナイトガードと呼ばれる専用のマウスピースを使用することも良いでしょう。ナイトガードは市販でも購入することができますが、歯に合わないことも多く、逆に歯並びを悪くする危険性もあるため、必ず大分県の歯科医院で作ってもらうようにしましょう。

口呼吸を治す

口呼吸をしている場合は、口周りの筋肉のバランスが崩れていることが多く、それが原因で顎周りの筋肉が緊張してしまい、肩こりや頭痛へと発展している場合も考えられます。そのため、口呼吸をしている場合は意識的に鼻呼吸へと切り替えるよう努力しましょう。

うつ伏せや頬杖などの癖をやめる

うつ伏せ寝は顎周りに負担をかけてしまう姿勢で、顎関節症などの原因になる可能性もあります。他にも、頬杖をつく癖も顎を下から上へ突き上げる力がかかるので、関節に負担がかかってしまうため、意識してやめるようにしましょう。

まとめ

肩こりや頭痛の原因は様々ですが、歯並びや噛み合わせが悪いことで起こっている場合もあります。歯列矯正をしたといって、必ず肩こりや頭痛が改善するわけではありませんが、歯列矯正をおこなうことで肩こりや頭痛が改善する可能性はあります。悪い歯並びや噛み合わせは、身体に様々な悪影響を及ぼしてしまうため、歯並びや噛み合わせが悪く、肩こりや頭痛のある方は、一度大分県の歯科医院で診てもらうことをお勧めいたします。

おすすめの記事