iTero

iTero(アイテロ)とは

iTero(アイテロ)とは、インビザラインの作製に必要となる、歯型を取るための3Dスキャニング機器のことです。インビザラインにおいて最も重要なことは、正確な歯型データを取ることです。

iTeroにより歯型を正確にデータ化し、より精密で確実なマウスピースを作製することが出来ます。

従来のスキャニング、シリコン印象とiTeroスキャニングの違い

従来、インビザライン矯正開始時に行っていたシリコン印象は、iTeroスキャニングが導入される以前は、最も精度の高い、歯型の記録方法でした。

しかし、歯型を取る医師の技量の差や、歯型を取る際の苦しい時間、そしてインビザラインを製作するためにアメリカへ輸送する手間がありました。記録された歯型を元にインビザライン・アライナーは製作されるので、歯型の精度はとても重要になります。シリコン印象では嘔吐反射がある方、口が開きづらい方には大変な作業でしたが、iTeroスキャニングでは、口を休めながら作業できることや、歯に直接触れず歯型を記録できることから、お子様から歯の揺れが心配な方まで、幅広くお使いいただけます。

なぜインビザラインにiTeroが必要なのか

iTeroによるスキャンの方が、他のスキャンに比べ、より細かく歯の形態を再現しています。インビザラインの矯正は、歯型を元に、マウスピースを作製するため、歯型を精密に再現することが、最良の治療結果に繋がります。

大分県でiteroを導入している歯科医院

iTeroスキャニングの特徴・メリット

精密性・正確性

・より精密な歯型を取り、マウスピースを作製することが出来ます
・変形することがありません

快適

・従来の粘土のような歯型の材料をしないので不快な味はしません。
・長時間静止する必要がありません。
・スキャニング中も呼吸ができます。
・口が開きにくい方でも可能です。

安全

・放射線を使用しません。
・従来のシリコン材料が、のどに流れ込んで誤嚥してしまうという心配も、スキャニングにはありません。
・スキャニングの先端は取り外し可能で消毒済みなので、清潔です。

速い

・スキャニング結果をすぐその場で画面にて確認することができ、再度来院したり模型の作り直しの必要がありません。
・データをすぐに送信するため、インビザラインのためのクリンチェック・シュミレーションをより早く確認できます。従来、シリコン印象を行っていた際は、アメリカへの輸送時間がかかっていたため、歯型を取った日からクリンチェック・シュミレーションができるまで、約2〜4週間かかっていました。スキャニングにより、データ化されたことでシュミレーションが2〜3日で出来上がるようになりました。

舌側矯正(裏側矯正、リンガル)装置製作にも活躍

精密印象を求められる舌側矯正装置にも最適です。

口腔内スキャナ―(3Dスキャナー)を使って舌側矯正装置を製作するシステムは、まだ完成していませんが、3Dスキャナーからのデータを使って舌側矯正装置の製作を行うことが可能です。現状では、一般的な方法ではありませんが、将来的に普及することが予想されます。

模型の長期保存に向いている

矯正治療において、歯列情報が詰まった模型(平行模型、顎態模型)は重要な資料です。現在、この模型は石膏模型として保管していますが、いくつかの欠点があります。

一つは、破損の恐れがあることです。
もう一つは、模型自体場所を取るということです。

10年、20年、30年と時を経ることにどんどん模型が増加していき、模型も1000個を超えると管理が難しくなり、必要な時に必要な模型を用意できなくなります。この点、3D模型であれば模型の破損の恐れはありません。複製も簡単にできます。また、広い場所を必要とすることもなく、検索一つですぐに見つけ出すことが可能です。

医療情報の共有が容易

模型がデータ化されれば医療情報共有のハードルが下がります。そのことにより、2つのメリットがあります。一つは遠隔地ドクターと情報交換を行いやすくなることです。
もう一つは医療情報を集積することができ、治療法の発展につながることです。

嘔吐反射のある方への使用

嘔吐反射とは、口の中に刺激が加わると「吐き気がする」「えずいてしまう」ことを指します。歯の型取り等の際に嘔吐反射があると、歯科治療は非常につらいものとなるのです。

iTeroを用いた治療の流れ

Step1. スキャニング

上下の歯型をiTeroスキャニングを使用して記録していきます。

Step2. コンピューター画面で歯型を確認

スキャニングを行ったその場で、歯型を3Dで確認することができます。歯型の記録不足もその場で確認することが出来るため、再度スキャンする必要がありません。

Step3. クリンチェック・シュミレーション

約3〜5日でインビザラインのための治療計画のシュミレーションが出来上がります。何パターンか、治療の計画を立てます。

Step4. インビザライン・アライナーの到着

インビザラインの治療計画に基づいて作製されたインビザライン・アライナー(マウスピース)が、アメリカのコスタリカの工場から日本に輸送されます。

従来、Step1~ Step4までは、約4〜5週間の期間を要していましたが、iTeroスキャニングの導入により、その期間は約半分になりました。

 

 

おすすめの記事