インビザラインのメンテナンス

インビザラインとは、マウスピース矯正治療方法の一つで、近年普及率の高い治療法として注目されています。インビザラインは、専用の口腔内スキャナー「iTero element」を用いることにより、口腔内のデータを3Dデジタル化して得ることができます。さらに、クリンチェックを使用することで、治療開始から終了までの歯の動く過程や、治療後の歯並びを事前にコンピューターシミュレーションをおこない確認することも可能です。また、治療前の口腔内スキャナーによる歯形採りで、治療に使用する全てのアライナー(マウスピース)も作製することができるので、歯型採りは一度で済むなど、様々なメリットのある矯正治療法です。ただし、治療を計画通りにおこなうためには、使用時間を守り、正しいメンテナンスが重要です。

インビザラインの使用時間

装置がマウスピース型のインビザラインは、患者さんご自身で自由に取り外すことが可能なので、食事の際に装置を外すことで普段通りに食事を楽しむことができますし、歯磨きも同じく外すことで普段通りにおこなうことができます。ただし、治療計画通りに歯を動かすためには、装置を1日20時間以上装着することが必要です。もしも装着時間が20時間を下回ってしまうと、歯が計画通りに動かないだけでなく、装置が歯に入らなくなる場合もあります。

インビザラインは、治療計画に基づいてすべてのアライナーを作製してから治療を開始するのですが、治療の途中で歯とアライナーの適合が悪くなると、それ以降のすべてのマウスピースは使用できなくなってしまうのです。この場合、再度治療計画をその時点から立案し直してからアライナーを再製作することになります。再製作には1〜2ヶ月の時間がかかってしまい、医院によっては別途費用がかかる場合もあります。このことから、基本的には食事と歯磨き以外は装置の装着が重要となりますが、装置をしてしばらくの間は喋りづらいと感じる方もいらっしゃいます。そのため、就職の面接などの重要なことに影響する場合は、必要に応じて一時的に外すことも可能です。1枚のアライナーは10日〜2週間で新しいものに交換しますが、もしも忙しい日が続き、1枚のアライナーの使用時間が平均20時間を下回ってしまった場合は、通常の使用期間を延長することで対応が可能な場合もあります。しかし、アライナーの使用時間や使用期間はご自身で判断することはやめましょう。詳しくは、大分県のかかりつけの歯科医院で相談してください。

インビザラインのメンテナンス方法

インビザラインのアライナーを外す際は、アライナーの辺縁に指を添えるようにして外しましょう。外す順番は、奥歯の内側から外していきますが、両方を一度に外すのではなく、左右どちらかを浮かせてからその反対側を浮かせて、前歯をめくるように外します。無理に外そうとするとアタッチメントが外れたり、マウスピースが変形・破損してしまう恐れがあるので注意しましょう。外したアライナーは、水で洗ってキレイにしましょう。アライナーは熱で変形しやすい素材でできているので、お湯を使用するのはやめてください。食後に丁寧に歯磨きをおこなっていれば、アライナーに汚れが付着することは少ないのですが、もしも汚れが付着している場合は、毛先が柔らかい歯ブラシで力を入れ過ぎないように磨きましょう。アライナーに唾液や汚れが付着したまま放置すると、石灰化して白くなったり、臭いの原因にもなってしまいます。

また、アライナーは新しいものに交換するまでに10日〜2週間使用する必要があることから、臭いや着色が気になってしまうこともあります。臭いや着色は、洗っただけでは改善されないため、インビザライン専用の洗浄剤を使用することをお勧めいたします。市販されている洗浄剤の中にはマウスピースが白く濁るものもあるので、使用前に大分県のかかりつけの歯科医師に相談する、もしくは歯科医院で販売しているものを使用するようにしましょう。保管方法ですが、インビザラインには専用の保管ケースがついていますので、食事中や歯磨き中などでアライナーを外しているときは必ずケースに入れるようにして、外出時は保管ケースを携帯しましょう。

インビザライン治療中の食事の注意点

インビザライン治療中は、装置を装着したまま食事をすることはやめましょう。もしも、装置をつけたまま食事をすると、歯とアライナーの間に食べカスが溜まり、細菌が繁殖することで虫歯のリスクが高くなってしまいます。また、食後の歯の表面は酸にさらされており柔らかくなっていることから、エナメル質が溶け出しやすい状態です。さらに、歯がアライナーで覆われているので、唾液の自浄作用や殺菌作用、再石灰化作用の効果が低くなり、装置の中で虫歯ができてしまう恐れがあるのです。

他にも、カレーやコーヒー、赤ワインなどの色素の濃い飲食物を摂取した際、食後にしっかり歯を磨いてもアライナーが着色することがあるため注意が必要です。装置をしたまま飲み物を飲む場合は、基本的にはミネラルウォーター以外はお勧めできませんが、アライナーの交換の前日もしくは2日前くらいは、着色してもすぐに新しいマウスピースに交換しますので、計画通りに装置が歯に作用しており、数日であれば着色は気にならないという方は、お茶や無糖のコーヒー、紅茶などは飲んでも結構です。しかし、できる限り控えた方が良いでしょう。

おすすめの記事