歯列矯正中の食事

一般的なブラケット矯正の場合、矯正治療中は装置を外すことができないため、食事を工夫しながら摂る必要があります。また、矯正治療を開始した直後や、装置を調整した時などは強い痛みを伴うので、食事が摂りづらくなってしまいます。お手入れの際も、装置があることでブラッシングがしづらく、汚れが溜まりやすいことから普段よりも丁寧なお手入れが大切になります。なるべく装置やお手入れにおけるトラブルを少なくするためにも、矯正治療中は食事の摂り方に注意しましょう。

歯列矯正治療中に注意が必要な食べ物

硬い食べ物

お煎餅やフランスパン、リンゴなどの硬い食べ物を前歯で強く噛むと、その衝撃で矯正装置が外れたり、壊れてしまう場合があります。特に、矯正治療を開始してしばらくの間は装置に慣れていないため、硬い食べ物や口を大きく開けて食べるような食べ物はなるべく控えましょう。また、装置に慣れてきても、食べる際は小さく切ってから奥歯でよく噛んで食べるようにしましょう。歯に痛みがあるときは、硬い物を食べることで痛みがさらに強くなってしまうこともあります。その場合は、軟らかくて食べやすいおかゆやうどん、豆腐料理などを摂ることで、食事による痛みを軽減できます。

粘着性のある食べ物

ガムやキャラメル、餅などの粘着性のある食べ物は、矯正装置にくっついてしまい装置が外れる原因になります。さらに、甘い粘着性のある食べ物は、装置についたまま放置すると虫歯の原因になってしまいますので、矯正治療中はなるべく控えた方が良いです。

装置に挟まりやすい食べ物

ブラケット矯正は、装置と歯の間に隙間ができてしまうので、細い麺類や繊維質の多い食べ物が装置に挟まりやすく、慣れないと装置に絡みついたまま飲み込んでしまい、むせるといった危険性があります。装置を壊す心配はありませんが、お手入れがしづらいことから不快に感じてしまうことも多いですし、虫歯のリスクも高くなります。

糖分を多く含んだ食べ物

矯正治療中は装置があることで歯磨きがしづらく、口腔内に食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れが溜まりやすいので、虫歯のリスクが高くなってしまいます。そのため、糖分を多く含んだお菓子類はなるべく控えたほうが良いでしょう。特に、普段からチョコレートやクッキーなどの甘いお菓子を好んで食べている方は注意が必要です。

歯に詰まる食べ物

パンやビスケットなどの歯に詰まりやすい食べ物は、歯と歯の間や、歯と装置の間に挟まりやすいので、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。中でも、小麦粉系の食べ物は歯と装置の間に挟まりやすく、そのままだと見た目も悪いです。食後は必ず丁寧に歯を磨くようにして、その際にタフトブラシや歯間ブラシを併用して汚れをキレイに除去しましょう。

装置を着色してしまう飲食物

カレーやコーヒー、紅茶、赤ワインなどの色素の強い飲食物によって、装置が着色してしまう場合があります。ブラケット矯正のブラケットに固定するゴムや、インビザラインなどのマウスピース矯正の装置は着色しやすいので注意しましょう。マウスピースは食事の際に取り外せますが、食後に汚れが残ったまま装着することで着色してしまう場合があります。そのため、マウスピースを付けたまま色素の強い飲み物を飲むのは避け、飲む場合はミネラルウォーターに留めましょう。

歯列矯正治療中の食べ方

硬い食べ物や前歯でかぶりつくような食べ物は、あらかじめ一口サイズに小さく切っておけば、ほとんどのものは食べることができます。また、柔らかい食べ物であっても、口いっぱいに頬張って食べることは避け、少しずつ噛んで飲み込むことも大切です。それによって、矯正装置に慣れない間の食事による違和感の軽減に繋がります。また、前歯付近の装置には食べカスが引っかかりやすいものです。そのため、慣れるまではなるべく奥歯付近で噛むようにしましょう。さらに、食べカスを洗い流すためにも、こまめに飲み物を飲みながら食事を摂りましょう。

お手入れは普段よりも丁寧におこないましょう

矯正治療中は食後の歯磨きが大切です。たとえ間食程度だとしても、こまめに磨かないと、矯正装置の隙間に食べカスや歯垢が溜まり、口腔内が不衛生になってしまいます。もしも、治療中に虫歯ができてしまい悪化した場合は、矯正装置を外して虫歯を治療しなければいけなくなるケースもあります。そのため、矯正治療中は食後に必ず歯磨きをおこない、虫歯を予防しましょう。特に、睡眠中は細菌が繁殖しやすいので、就寝前の歯磨きはより念入りにおこないましょう。歯磨きの後は、フッ素剤やマウスウォッシュなどで歯をコーティングすることで、歯面に歯垢が付着しにくく歯自体も強くなることから、虫歯や歯周病の予防に効果的です。また、歯科医院で定期的に歯のクリーニングを受けることも大切です。ブラケット矯正の場合、定期的に装置の調整をおこないますが、その際に歯のクリーニングを一緒に受けることをお勧めいたします。マウスピース矯正も場合も、装置を外して普段通りに歯磨きをおこなったとしても、すべての汚れを取り除くことはできないので、定期的に歯科医院で歯のクリーニングを受けるようにしましょう。

歯列矯正治療中は、食べ方を工夫したり特定の食べ物を控えることで、装置のトラブルや虫歯や歯周病のリスクを軽減させることが可能です。ただし、栄養のバランスも大切ですので、肉や野菜などの栄養が豊富な食材は、なるべく工夫しながら積極的に摂ることが大切です。

 

おすすめの記事