ハーフリンガル矯正

「歯並びは綺麗にしたいけど、矯正装置が目立って気になる…」そんな悩みを抱えて、矯正治療に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。歯の裏側に矯正装置を取り付けて行う「リンガル矯正(裏側矯正)」という目立たない矯正治療法もありますが、歯の裏側に装置があり、舌が当たることから違和感を感じる方も多くいらっしゃいます。そこで考案されたのが「ハーフリンガル矯正」というもので、実は日本で行われているリンガル矯正のうち、過半数がハーフリンガル矯正であると、とても人気の高い治療法です。

ハーフリンガル矯正とは

そもそも「リンガル矯正」とは裏側矯正や舌側矯正とも呼ばれ、従来のように表側に矯正装置をつける治療法ではなく、歯の裏側に装置をつける矯正治療法です。歯の裏側に装置を付けるため、矯正装置をつけていることが周囲に気付かれにくく、矯正装置が目立つことに躊躇っていた方でも比較的気にすることなく矯正治療が行えます。しかし、歯の裏側に装置があることで、下の歯の矯正装置に舌が当たってしまうため、違和感が拭えない方も多くいます。

そこで「ハーフリンガル矯正」という治療法が考案され、上下の歯のどちらかをブラケット矯正(表側矯正)で治療し、一方の歯をリンガル矯正で行う治療法です。一般的には、上の歯をリンガル矯正装置、下の歯は表側矯正が主に選択されます。ハーフリンガル矯正が向いている症例は、「上顎前突」という症例です。いわゆる出っ歯の矯正治療で、裏側矯正は、前歯を後ろに移動させることができるため、前歯を引っ込めやすくなります。出っ歯の場合、下の歯は奥にあり目立たないことが多く、ハーフリンガルで治療していると、なお、矯正装置に気付かれないでしょう。

ハーフリンガル矯正のメリットとデメリット

メリット

最大のメリットはやはり、装置が目立ちにくいという点でしょう。会話をした時や食事など、口を開いた時に上の歯をリンガル矯正にしていることで、装置の目立ちに関しては大きく軽減できます。下の歯は矯正装置を表側につけるため、やや人目に触れてしまいますが、下の歯列が目立たない人は問題ないでしょう。下の歯列が見えてしまう方でも、装置を透明のプラスチックや白いセラミック製のブラケット、白いワイヤーなどを使うことで、かなり目立たなくすることが出来ます。

また、フルリンガル矯正に比べ、装置が舌に触れる違和感を大幅に軽減することができ、舌が装置に触れることが改善されれば、発音への影響も抑えられます。舌が装置に当たってしまうことで「さ行」「た行」「ら行」などが発音しにくくなる問題が多くありましたが、下の歯を表側矯正にすることで、このような問題も抑制されます。

さらに審美的な面では、上の歯が表側に矯正装置が装着されている場合、口を閉じているときにも、上唇が盛り上がって見えてしまいますが、上の歯をリンガル矯正にすることで、口元の突出も避けることができ、上の前歯を舌で押してしまうクセがある人は、上の歯の装置が舌に当たることから、自然とこのような出っ歯の誘因になるような舌癖が改善され、舌先が上の前歯の少し手前に触れる正しいポジションに収まるようになるでしょう。費用に関しては、下の歯は通常の表側矯正にしているため、フルリンガル矯正よりも比較的割安になります。費用に関しては歯科医院によって異なるため、あくまでも目安ですが、フルリンガル矯正よりも、1割程度割安になります。治療の面では虫歯になりにくいというメリットがあり、唾液が虫歯菌が出す酸を緩衝し、中性にする機能を持っているため、装置を付けている裏側がブラッシングしづらくても、唾液の働きによって虫歯になりづらい環境を作ることが出来ます。

デメリット

歯の裏側に矯正装置がつくため、下の歯よりも軽減はされますが、上の矯正装置に舌が当たることは、少なからず違和感を感じるでしょう。舌が収まる上顎の部分が、装置によって狭く感じることもあり、個人差はありますが、だいたい1~2週間で慣れる場合がほとんどで、発音についても同様に、1~2週間ほどで普段と変わらない感覚で喋れるようになる方が多いと言われています。しかし歯の裏側に装置があると、舌がワイヤーに引っかかることもあり、舌を傷つけてしまう可能性もあります。

また、歯の裏側にある装置には、特に食べカスが溜まりやすく、気持ち悪さを感じることも多いでしょう。しかし、上の歯は食べカスが溜まっても、ほとんど目立たないので、人との食事でもそこまで口元を気にすることなく楽しめるでしょう。ブラッシングに関しては、下の歯は装置が見えている分、装置の間にたまった食べカスや歯垢などが見つけやすいですが、装置が裏側にある上の歯は、ブラッシングをしにくくなります。磨きやすいコンパクトな歯ブラシを使ったり、デンタルリンスなどで口をゆすいだり、工夫が必要です。費用に関しては、表側矯正より高くなるでしょう。その理由は、歯の裏側が複雑な形をしており、オーダーメイドで装置を作製する必要があり、さらに高度な技術を要するためです。

ハーフリンガル矯正は、表側矯正とリンガル矯正の良いところを組み合わせ、それぞれの弱点を補える矯正法です。費用は抑えたいけど、装置が目立つことに抵抗があったり、人前に出る職業の方や、見た目を気にされる職業の方にオススメなのがハーフリンガル矯正です。目立たない矯正治療に興味がある方は、ハーフリンガル矯正も1つの選択肢として、検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事