矯正歯科治療の痛みについて

矯正治療に興味があっても、痛みについて不安を持たれている方は多くいらっしゃいます。矯正装置を装着した後や、矯正装置の調整をした直後に痛みを感じられる方が多いようで、これには個人差はありますが、矯正装置の違和感を感じたり、歯が締め付けられるような感じ、あるいは引っ張られるような痛みなどを感じることが多いようです。この時には物を噛む際にも、鈍い痛みを感じることもあります。痛む時は無理して硬い物を食べず、なるべくやわらかい物を食べるようにしたり、食べ物を細かく切って食べると良いでしょう。

矯正治療の痛みはずっと続くわけではなく、長くて1週間程度で痛みは収まってきます。また、矯正装置の違和感も徐々になくなってくるでしょう。矯正治療の痛みは必ず収まり、耐えられないほどのものではありません。痛みが原因で矯正治療が続けられなくなった方は恐らくいないので、この点は安心していただいて大丈夫かと思います。

矯正治療の痛みとは?

矯正治療の痛みとは、一体どのような痛みが生じるのでしょうか。

矯正治療は、外部から歯に圧力をかけ、本来あるべき位置まで歯を動かしていく治療です。歯と歯の周りの骨が動かされる際には、歯の根元にある歯根膜に炎症が起きることで痛みが生じます。だいたい矯正装置をつけた数時間後から痛みが徐々に発生し、1週間程度をピークに少しずつ痛みが落ち着いてくるケースが多いようです。

矯正治療中の痛みは、さまざまな原因によって起こります。歯と周囲の骨が動く時の痛みだけでなく、装置によって口の中が傷つけられることで痛みを感じたり、不安定な噛み合わせにより頬の内側などを噛んでしまうなど、さまざまな原因による痛みがあります。歯茎や口の中の粘膜、頬の内側などが傷つけられて炎症を起こすことによる歯肉炎や口内炎の痛みもあります。

そのほかにも、矯正治療への精神不安やストレスが加わることで、痛みが増すこともあるようです。ある程度の痛みや違和感はあるものだと覚悟して、上手にやりすごしながら付き合っていくことをおすすめします。どうしても矯正治療の痛みが治らず、我慢できない場合には、鎮痛薬を飲んでもよいでしょう。ただし、薬で炎症を抑えてしまうと、歯の移動を妨げるケースもあるため、乱用は避けるようにしましょう。

また食塩水で口の中をすすぐという方法で、矯正の痛みを軽減できることがあります。コップ一杯のぬるま湯や水に、スプーンひとさじ程度の食塩を溶かしてみるのも良いかと思います。

その他にも、電動ブラシで歯茎に適度な刺激を与えることで血行が促進され、矯正の痛みが軽くなるケースがあります。

痛みに配慮したマウスピース型矯正

矯正中に感じる痛みとは大きく分けて、歯が動く際の痛みと、矯正装置が口の中に当たる痛みの二つに分けられます。マウスピース型矯正では、そのどちらの痛みも少ないという特徴があります。症状によっては、歯並びが原因で生じる痛みもありますが、マウスピースは装着することでその問題にも対応できます。

矯正治療のため、歯を動かしていくということはマウスピース型矯正も他の矯正方法と変わりませんが、その動かし方で痛みに差があります。大きな圧力をかけ、歯を動かす距離が大きくなれば大きくなるほど痛みも比例します。

マウスピース型矯正の治療期間は、おおよそ1〜3年程度を目安にしており、マウスピースを2週間に1度、新しいものに交換するサイクルを繰り返し歯を少しずつ動かしていきます。この一回のサイクルに歯を動かす距離はわずか0.25mmです。このように小さな力で少しずつ動かしていけば歯の移動に伴い感じる痛みを抑えられます。マウスピース型矯正は、コンピュータ上で正確なシミュレーションをもとに矯正治療を進めていくため、最小限の動きで理想の歯並びが実現できます。

また、マウスピースは薄い透明なプラスチックで作られており、歯を滑らかに覆うようにできています。金属のブラケットやワイヤーは口腔内を傷つける恐れがあり、その矯正装置によって口の中が傷つけられることで痛みを感じたりましたが、マウスピースではその心配がほとんどありません。そのため、矯正中の痛みのひとつである口腔内の傷、および口内炎の痛みは、マウスピースによる矯正治療では限りなく少なくなります。
マウスピース矯正において、痛みや違和感を感じるのは、主にマウスピースを着脱する時です。マウスピースを装着する際には、ある位置まで歯を動かそうとする力が働くため、歯に圧迫感を覚えます。逆にマウスピースを外した際は、装着時に歯にかかっていた力が解放され、歯が元の位置に戻ろうとするので、ジワーッとした開放感を感じるでしょう。その状態で食事などをすると、少し痛みを感じるようです。

マウスピースの特徴として、矯正装置であるマウスピースの取り外しが簡単にできます。よって原則的に食事、歯磨きの際は取り外していただいており、それ以外の時間は睡眠時間も含め、1日20時間以上の装着が必至となります。

マウスピースにも種類があり、「インビザライン」や「アソアライナー」などが主にあります。マウスピースを装着し歯を動かして歯並びを整えていくということに変わりはありませんが、装置の作り方や費用、また所要期間や適応症状、年齢などが変わってきます。

インビザラインは、今や全世界で400万人以上が治療する非常に人気の高い矯正方法です。もし、矯正治療に興味はあるが、痛みが不安という方は、痛みの少ないインビザライン矯正など視野に入れて検討されてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事