見えない矯正

歯並びや噛み合わせが気になって、これから矯正治療を検討している方も多いのではないでしょうか。「矯正治療」と聞けば、金属のワイヤーが歯に装着されたイメージを浮かべる人も多いと思います。しかし矯正装置にはいくつか種類があり、装置が目立たない治療法もあります。
その中のひとつである「裏側矯正」について今回はご紹介します。

裏側矯正とは

裏側矯正は、「舌側矯正(ぜっそくきょうせい)」や「リンガルブラケット矯正」とも呼ばれ、矯正装置を歯の裏側に装着する治療法です。歯の裏側に矯正器具を装着するため、周りの人から気付かれにくいことが最大の特徴と言えるでしょう。人前に出るお仕事をされている方や、目立つ矯正装置に抵抗がある方にオススメの治療法です。

【裏側矯正のメリット】

装置が目立たない

歯の裏側に装置を付けて治療を行うので、周りの人にほとんど気づかれることなく矯正治療が行えます。

虫歯になりにくい

歯の裏側に装置があるため歯磨きには工夫が必要になりますが、歯の裏側には唾液腺があり常に唾液が循環しています。そのため唾液の静菌作用や殺菌作用によって虫歯を作る菌が増殖しにくい環境であると言えるでしょう。

歯の表面のダメージがない

矯正装置を外す際に、歯の表側のエナメル質に「エナメルクラック」というひびのような傷をつけてしまう場合があります。しかし裏側矯正の場合であれば、歯の表側を傷付けずに済みます。

前歯を引っ込めやすい

歯の表側にブラケットを装着するなどの一般的な矯正治療法の場合、奥歯を固定源にし、隙間を作って前歯を引っ張って後方に移動させる方法ですが、この場合、反対に奥歯が引っ張られてしまい前に移動してしまうケースがあります。裏側矯正では、固定源となる奥歯を装置によって動きにくくするため、前歯をしっかりと引っ込めることが出来ます。出っ歯などの症状でお悩みの方は、裏側矯正もオススメです。

舌癖の防止

食べ物や飲み物などを飲み込む際や、発音する際に歯の裏側を舌で押す舌癖があったり、無意識に舌で前歯を押す舌癖がある方が出っ歯の方に多く見られると言われています。何もしていない時に、舌は上の歯の付け根から1cmほど奥にある「タンスポット」と呼ばれる位置にあるのが正常ですが、舌が上歯に当たっているのであれば、無意識に舌で歯を押している可能性があります。舌で歯を押していると、歯が少しずつ動いてしまうため、この舌癖が治らないと、歯列矯正中に歯の移動を妨げたり、歯並びが整っても舌癖で歯列が後戻りしてしまうことが大いに考えられます。裏側矯正では舌が装置を避けようとすることから舌癖の防止が期待でき、装置を外した後の後戻りのリスクが減るでしょう。

スポーツや楽器演奏に支障が出ない

ラグビーやサッカー、バスケットボールなどボディコンタクトのあるスポーツを行っていて、歯の表側に装着する矯正器具の場合だと、ぶつかった拍子で口腔内を傷つけてしまう恐れがあります。またフルートなどの演奏をする方は器具があることで演奏に支障が出ますが、裏側矯正の場合は歯の裏側に器具があるため唇を傷つけることは無く、楽器演奏にも支障は出ないでしょう。

裏側矯正のデメリット

口の中で違和感がある

裏側矯正では装置が常に舌に当たってしまうためしばらくの間は違和感を感じるでしょう。個人差はありますが1週間前後で慣れる方が多く、現在の新しい装置は改良され2~3日で慣れるとの報告もあります。違和感のほかに、装置の跡が舌に付きます。

食べづらい

表側矯正も裏側矯正でも、矯正器具を装着して間も無くは硬い物が食べづらかったり、頬の内側を噛んでしまったりすることがあります。

発音がしづらい

舌を歯の裏側にあてて発音する言葉は、装置が邪魔になって発音がしにくくなることがあります。サ行、タ行、ラ行や、英語であれば「TH」「L」「R」の発音に影響がでると言われています。これに関しても装置を装着してからだいたい1~2ヶ月程で慣れ、普段どおりの発音で話ができるようになります。

歯磨きがしづらい

歯の裏側はデコボコしていて自分でも見えにくい場所であるため、矯正器具を付けていなくても歯磨きがしにくい場所です。矯正装置を付けていると、食べカスが装置の部分に挟まりやすくなり、そこから細菌が繁殖して虫歯が出来やすくなります。歯磨きは磨きの残しのないように工夫したり、歯科医院でブラッシング指導をしてもらいましょう。

費用が高い

裏側矯正は、一人一人に合わせたオーダーメイドの装置が必要になります。またワイヤーの調節に手間と時間がかかり、特殊な高度技術が必要となるので、表側の矯正治療に比べると費用が高くなってしまいます。

裏側矯正の費用と期間

一般的な歯の表側のに器具を装着する矯正治療が約80万~100万円であるのに対し、裏側矯正にかかる費用は約110万~150万円程の費用がかかると言われてます。その理由は前章でもご紹介した通り、矯正装置がオーダーメイドになり、さらに特殊な高度技術や医師の経験と実力が問われるため、費用も高額になってしまいます。裏側矯正の治療期間は、歯を動かす量が比較的少ない場合で約1年半から3年が目安と言われています。裏側矯正はメリットも多いですが、治療期間が長くなったり、費用も表側に装着する場合と比較したときに少々高くなるため、事前のスケジュール調整などが必要です。

裏側矯正は、仕事柄、表側に矯正器具が付けられなかったり、成人式や結婚式など大事なイベントを控えている方々に適した治療法と言えます。「目立たない矯正」という点に関してはマウスピース矯正も候補に挙げられますが、抜歯が必要であったり、マウスピース矯正では対応出来ない症例の場合に裏側矯正を選択したという方も多くいらっしゃいます。目立たない矯正治療に興味がある方は、大分県の歯科医院に相談されてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事