唇側矯正

矯正治療と聞いて多くの人が思い浮かべるのが歯の表側に矯正装置を取り付けた治療法ではないでしょうか。矯正治療は子供の頃にするイメージがあったり、装置が目立つことで躊躇してしまう方や、費用や期間の問題でなかなか治療に踏み切れない方もいらっしゃることでしょう。しかし、大人になってから矯正治療を始める方が増え、表側矯正であっても目立ちにくい矯正器具が普及したことで従来の金属ブラケットのように矯正装置が目立つ心配が減り、装置のコンプレックスを軽減し矯正治療を行うことができるようになりました。
今回はスタンダードとされている「表側矯正」についてご紹介します。

表側矯正とは

表側矯正は一番古くからある矯正方法で、 ブラケットと呼ばれる矯正装置を歯の表面に装着してワイヤーを通し、ワイヤーを引っ張る力で歯を移動させる治療法です。別名「唇側矯正(しんそくきょうせい)」とも呼ばれており、歴史が長く、治療実績が豊富な治療法であるため、ほとんどの症例や幅広い年齢に適用できます。費用は矯正治療の中でも比較的リーズナブルですが、歯の表側に金属の装置がギラギラとしている表側矯正は、この目立つ矯正器具がネックとなり、矯正治療を躊躇する方も多くいました。

しかし近年では、従来の金属の矯正装置を乳白色のセラミックや透明のプラスチックなど目立ちにくい審美性の高いものも普及し、比較的目立たない表側矯正が出来るようになりました。セラミックやプラスチックなどの素材は金属を使用していないため、金属アレルギーの方でも矯正治療を行うことができます。

表側矯正のメリット・デメリット

表側矯正のメリット

ほとんどの症例に対応できる

表側矯正は最も歴史が長く、実績のある治療方法で対応できる装置の種類が豊富にあります。そのためデコボコした歯並び(叢生)や、受け口(下顎前突)、出っ歯(上顎前突)など、殆どの症例に対応することができ、他の矯正法では対応が出来なかった症例であっても治療することができます。

・発音や咀嚼に影響を受けにくい

歯の裏側に矯正装置をつける裏側矯正と比較して、表側矯正なら舌に装置が触れることがないため発音や咀嚼に影響や違和感が出ることが殆ど無いと言えるでしょう。
矯正装置を装着した直後は痛みがあったり違和感を感じる方もいらっしゃいますが、この違和感や痛みは装置に慣れると次第に気にならなくなります。

矯正治療の中では費用がリーズナブル

表側矯正はオーダーメイドなどといった特殊な装置が必要なく、裏側矯正やマウスピース矯正などの治療法と比較する費用を抑えることが出来ます。

汚れている箇所が確認しやすい

歯の表側に矯正装置を装着しているため、汚れてしまった時や装置を歯の間に食べカスが挟まった時も確認しやすく、汚れを取り除きやすいです。

表側矯正のデメリット

矯正治療中であることを周囲に知られてしまう

矯正装置を表側につけるために、汚れた場所など確認しやすい反面、どうしても人目につきやすく、矯正していることがバレてしまいます。昨今ではセラミックやプラスチックのブラケットやワイヤーが普及し、そちらを選択することで従来のように装置がギラギラと目立つ問題は軽減されましたが、やはり近距離で会話をしたりすると矯正治療中であることはバレてしまうでしょう。周囲に矯正治療中であることを知られたくなかったり、見た目が気になる方にとってはストレスとなる場合があります。

装置によって口元に厚みが出る

矯正装置を歯の表側に装着するため、装置の厚みが上乗せされ、口元が突出しているように見えます。

食事の際に口元が気になる

表側矯正の場合、装置に舌が当たることがないため違和感なく食事をとることができますが、食事中に装置と歯の間に食べカスなどが挟まった場合、目立つことが考えられます。人と食事をする際に口元が気になることも多いでしょう。

表側矯正の装置の種類

表側矯正の装置にも複数種類があり、金額や特徴も様々です。

メタルブラケット

最も一般的であり、多くの方が矯正治療と聞いてイメージする金属のブラケットです。このメタルブラケットは矯正治療の中でも費用が35万円~86万円程とリーズナブルであり、且つ、薄くて丈夫です。昔は歯全体に金属のバンドが張り付いていたため、かなりギラギラと矯正装置が目立っていましたが、現在は接着剤の発達により、昔ほどギラギラした感じは緩和されました。金属の部分に汚れが付着するとわかりやすく、歯ブラシによるお手入れも比較的簡単にできます。

セラミックブラケット

セラミックブラケットは自然の歯に近い乳白色で作られており、目立ちにくく、着色しにくいのが特徴です。金属を使っていないため、金属アレルギーの方でも治療が可能であり、費用は78万円~108万円程と高額になります。

プラスチックブラケット

プラスチックブラケットはセラミックと同様に白くて目立ちにくいですが、着色しやすい上に、ワイヤーの摩擦によって消耗しやすいという欠点があります。しかし現在は、この溝の部分に目立たないように金属のレールが組み込まれた精巧な造りに改良されており、治療期間も金属ブラケットとさほど差はなくなってきています。プラスチックブラケットはセラミックよりも安価であり、だいたい60万円〜90万円程と言われています。

従来ではギラギラと目立つイメージだった矯正治療も、昨今では技術の進歩により、目立たない工夫が施された装置へと改良されました。目立たない装置はメタルブラケットなどよりも費用は高額になりますが、上と下の歯の矯正装置を組み替えたりすることで費用を抑えながら目立ちにくくすることも可能です。
矯正治療を検討されている方は、大分県の歯科医院で一度相談されてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事