交叉咬合

交叉咬合とは

正常な噛み合わせは、上の歯が下の歯よりも少し外側に出ている状態ですが、上下歯の噛み合わせが左右にずれて、すれ違った状態になってしまうことがあり、これを交叉咬合といい「クロスバイト」とも呼ばれます。交叉咬合では、上の歯よりも下の歯が外側に出てしまうようになるため、歯がしっかりと噛み合わなくなってしまいます。左右の奥歯全体がずれている場合もあれば、左右どちらかの奥歯のみずれている場合もあります。

交叉咬合の原因

交叉咬合が起きる原因は、先天的なものと後天的なものがあります。

先天的な要素

両親のどちらかが交叉咬合である場合、その子供も交叉咬合になってしまうという「遺伝」による影響が大きいと考えられています。

後天的な要素

後天的な要素は、食生活や偏った側の歯で噛む癖などが原因で、顎の成長が不十分であったり、アンバランスになってしまうことが挙げられます。他にも指しゃぶりや舌癖、頰づえをつく癖などが顎の成長や歯の向きに悪影響を与えてしまうと考えられています。

交叉咬合の悪影響

しっかりと噛むことができない

上下の歯が噛み合わないため、ものをしっかりと噛むことができなくなってしまいます。さらに、交叉咬合が起きている箇所だけが噛みにくいわけではなく、他の歯にも強い力がかかってしまうため、歯列全体の噛み合わせが乱れてしまうことがあります。また、食べ物をしっかりと噛み砕くことができないことで、胃腸などの消化器官に負担がかかってしまいます。

虫歯や歯周病になりやすい

歯が不自然に傾いており、周囲の歯とずれていることで歯が磨きにくくなってしまいます。そのため、口腔内に歯垢(プラーク)などの汚れが磨き残ってしまうので、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。

顎関節症のリスクが高くなる

奥歯がずれてしまうため、顎の動きに制限がかかってしまうことで、顎関節や筋肉に負担がかかることが多く、肩凝りや頭痛の原因になるといった顎関節症のリスクが高くなってしまいます。

顔が歪んで見える

片側の歯だけが交叉咬合になっている場合は、噛み合わせが横にずれているため、正中線がずれていることも多く、正面から見ると歯並びだけでなく上下の顎もずれて見えることから、顔が歪んで見えることがあります。

交叉咬合の治療法

交叉咬合の治療内容は主に、歯並びを改善する矯正歯科治療と、顎の骨を矯正する方法があり、中には子供の場合しか使用できない治療法もあります。

顎の骨を矯正する治療

子供の顎は成長段階であるため、顎の成長を利用した装置を使用することで、顎の大きさを広げることができます。上顎が狭い場合は、急速拡大装置という固定式の装置を使用し、下顎が狭い場合はゆっくり広げる緩徐拡大装置を使用することが一般的です。

大人の場合、顎の骨が成長し終えているため拡大装置を使用することができません。そのため、顎の骨に異常がある場合は外科矯正が必要となります。外科矯正とは、顎の骨を切ってプレートで固定することで正しい噛み合わせに近づける外科手術です。また、手術前後には歯列矯正治療をおこなう必要があるため、手術による交叉咬合の治療の場合、口腔外科と矯正歯科の両方での治療が必要です。

歯列矯正による治療

ブラケット矯正

金属製のブラケットという装置を歯の表面に装着してワイヤーを通し、引っ張ることで歯を動かしていきます。他の矯正治療と比べ、様々な症例にも対応ができて費用も安い治療法ですが、装置が目立ちやすいというデメリットがあります。その場合、矯正装置を歯の裏側に装着する舌側矯正(リンガル矯正)という矯正方法もあり、装置が表から見えないため目立ちにくいです。

マウスピース型矯正

マウスピース型矯正は、透明なマウスピース型の装置を歯に装着して、定期的に動いた歯に合わせた新しいマウスピースと交換していくことで徐々に歯を整えていく矯正方法、インビザラインやアクアシステムなどがあります。マウスピース矯正は、装置が目立ちにくいので周囲に矯正治療をしていることが気付かれにくいです。また、装置の取り外しができるため、食事や歯磨きの際に取り外すことで普段と同じようにおこなうことができます。ただし、歯を動かすためには装置を20時間以上装着する必要があるため、装着時間を守らないと歯がちゃんと動かないだけでなく、マウスピースが歯に入らなくなってしまうことがあります。

抜歯を伴う場合もある

重度の交叉咬合の場合や、矯正治療後にすべての歯を顎に並べることが難しいと判断された場合には、歯を並べるスペースを確保するために抜歯をしてから矯正治療をおこなう場合もあります。また、抜歯をしても治療が難しいとされた場合は、外科手術を伴う矯正治療をおこなうこともあります。

まとめ

交叉咬合は噛み合わせが左右にずれて、すれ違った状態になるため、ものが噛みにくく、歯や顎への負担が大きくなってしまいます。そのため、噛みにくさや顎の歪みを感じたら、なるべく早い段階で大分県の歯科医院で診てもらうようにしましょう。

おすすめの記事