インビザラインは金属アレルギーの方に最適

歯並びや噛み合わせが気になるけど。金属アレルギーがあるから…と矯正治療を諦めていませんか?金属アレルギーをお持ちの方でも、矯正歯科治療によって歯並びを美しく整えることは可能です。その矯正治療法として「インビザライン」というのがあります。

インビザラインとは?

インビザラインは1997年に歯科矯正需要が非常に高いアメリカで誕生したマウスピース矯正の1種です。従来のようなワイヤーやブラケットを歯に固定させる矯正方法とは違い、自分で簡単に着脱が可能なマウスピース型の矯正装置です。マウスピースは0.5mmと厚みが薄く、色は透明に近い装置なため、至近距離でも目立たず、矯正中であっても気づかれにくい点が大きな特徴です。見た目を気にせず矯正できる画期的な治療方法として、人前に出るお仕事をされている方や、見た目を気にされる方を筆頭に広く普及し、現在では全世界で400万人以上が治療する非常に人気の高い矯正治療法となりました。マウスピース矯正はメーカーによって適した症例が異なりますが、インビザラインは比較的幅広い症例に対応することが可能です。

またインビザライン独自の「クリンチェックシステム」という3次元シミュレーションプログラムにより、インビザライン矯正治療を受ける全ての患者さまが、治療開始から終了までのご自身の歯の動きを3D画像でシミュレーションをすることが可能です。

治療終了までの全ての過程を「正確に」シミュレーションできることで、治療開始前に、治療期間が正確に予測することができます。3D画像を見ながら、医師と治療計画を立てていきます。シミュレーションが可能な分、安心して治療に踏み切ることができ、且つモチベーションアップも期待できます。精密検査で得られた3Dデータをもとに、患者様一人一人に合わせたマウスピースを設計します。専門技工士が専門の工場で、設計と治療計画に基づき、インビザライン治療の全過程で必要なマウスピースを一度に製造します。ドクターの指示のもとマウスピースを約2週間ごとに、ご自分で交換し、少しずつ理想的な歯並びに整えていくのがインビザライン矯正の方法です。

どうして金属アレルギーに最適なの?

インビザラインは、歯並びをキレイにしたくても、矯正装置が見えることに抵抗があったり、金属アレルギーがあることから断念せざるをえなかった方、周囲に気づかれることなく矯正治療をしたい方にとって最適な治療法です。

その中でもなぜ金属アレルギーの方に適しているかというと、インビザライン矯正に用いるマウスピースは、ポリウレタン製の厚さ0.5mmの素材から出来ています。インビザラインでは、治療計画の歯並びにあわせて作成されたマウスピースを、約2週間ごとに交換し、マウスピースを取り替える毎に0.25mmずつ歯を移動させて行きます。

マウスピース新素材「スマートトラック」の特徴

インビザラインが誕生した頃からマウスピースの素材についての変更はありませんでしたが、2013年2月から革新的な新素材「スマートトラック」が導入されました。スマートトラック新素材は、8年以上の研究期間をかけて開発されました。スマートトラックは、従来のマウスピース素材よりも快適な装着感があり、持続的且つ密着して歯に力を加えることができるので歯を移動させるコントロール力が高くなり、より正確に歯を移動させることができます。また目立たない優れた審美性のメリットも挙げられます。

インビザライン・クリンチェックの治療計画の向上や、アタッチメントなどのインビザライン独自の機能の導入と、スマートトラックというマウスピース素材の進化によって、インビザライン治療の予測実現性がさらに高まり、インビザラインで治療することができる症例の範囲が広がることが期待できるようになりました。インビザラインを提供するアライン社の調査によると、1,015名の患者さまに対してスマートトラック新素材のパイロット調査を実施したところ、歯を移動させるコントロール力が著しく向上する結果が得られたとの報告があります。

インビザラインは幅広い症状に対応が可能です

インビザライン矯正には、幅広い症例に対応できるスタンダードな「インビザライン・フル」のほかに、前歯の多少デコボコした叢生、少しの歯の隙間などと言った軽度な不正咬合や矯正治療後の後戻り、前歯だけの部分矯正などに対応した「インビザライン・ライト」や「インビザライン i7」というものがあります。

インビザライン・ライトやインビザラインi7は、「気になる部分だけを治したい」「少しの後戻りを治したい」と考えている方に最適な治療オプションと言えるでしょう。

インビザライン・ライトは、軽度な不正咬合や矯正治療後の後戻り、コンビネーション治療、部分矯正などを対象とした治療オプションです。特徴としては、14ステージ以内の治療に適応しており、部分矯正「パーシャル」として利用することが可能です。

インビザライン i7は、より軽度な叢生、すきっ歯、後戻りなどのMTM治療や不正咬合、前歯だけの部分矯正、コンビネーション治療などを対象とした治療オプションです。インビザライン・ライトとの違いは、7ステージ以内の治療に適応しており、部分矯正「パーシャル」として利用することが可能となっています。歯の移動範囲は、前歯および第一小臼歯のみに限定されます。

インビザライン・ライト及びインビザラインi7は、軽度の不正咬合や部分矯正を対象としているため、より安い費用で治療が可能です。どちらの治療オプションも透明なマウスピースによる矯正治療なので、目立つ心配はありません。

標準のインビザライン・フルと比べて、インビザライン・ライトやインビザラインi7は、製作できるマウスピースの数や治療期間に制限がありますが、金属アレルギーで部分矯正などを断念していたかたも安心して歯並びを治すことが出来るでしょう。

インビザライン・システムは、より良い治療結果を求めて、常に進化、改良を続けている矯正装置です。金属アレルギーが原因であったり、目立つ矯正装置に抵抗があるために、矯正歯科治療に踏み切れなかった方は、一度信頼のおける大分県の歯科医院に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの記事